植物性染料は染まるのか?

植物性色素には、クチナシ、ベニバナ、セージ、ウコン、パプリカ、シコニンなどがあります。
トリートメントタイプの白髪染めの中には、植物性染料が含まれていることをアピールしている製品も多くありますね。

植物性色素が含まれる主な白髪染め
商品名 含まれている植物性色素
利尻ヘアカラートリートメント シコン、ウコン、クチナシ、アナトー
キラキュア シャインヘアカラー ベニバナ、クチナシ、ウコン など
レフィーネ クチナシ
ナチュリア プラチナヘアカラー クチナシ
カラー・ド・ボーテ クチナシ、べにばな、ウコン など
ルプルプ ベニバナ、クチナシ、藍の葉・茎 など

こうしてみると、多くの白髪染めに植物性色素が含まれていることがわかります。
やはり、植物性色素には染める力があり各製品に配合されているのでしょうか?

これらの植物性色素では、一時的に染めることは出来るものの、継続的に染めることは出来ないと思います。植物性色素で、それなりに染まるのはおそらく「ヘナ」だけです。

もし、これらの植物性色素でも染まるのなら、「クチナシ100%配合の白髪染め」とかあってもいいと思うのですが、そういう白髪染めはありません。つまり、やはりこれらの植物性色素だけでは、染まらないということなのです。

実際に、上記で例に挙げた白髪染めには、植物性色素だけでなく、結局、塩基性染料、HC染料などが含まれています。植物性色素の配合は、主に天然成分配合のイメージ作りなのでしょう。それ以外の要素としては、色見の調整もあるかもしれません。

植物性色素がたっぷり配合されているからといって、よく染まるというわけではないので、その点を認識しならが、自分に合った白髪染めを選びたいですよね。




他の「知識・コラム」記事を見る
トリートメントタイプの白髪染めは何故染まらない(染まる)のか?