泡のレフィーネ

泡でカンタン美髪。

「泡のレフィーネ」は簡単に、ムラなくきれいに染め上げる泡タイプの白髪染めです。

[容量] 150g
[価格] 3,400円
[区分] 化粧品


特徴

簡単プッシュタイプ。クシュクシュもむだけで使える。
泡のレフィーネは片手で仕える簡単プッシュボトルなので、そのまま手に出して、シャンプー感覚で利用することができます。もちろん白髪染めのように1剤と2剤を混ぜる必要はないので、毛染め前の面倒な準備は必要ありません。

ムラのない仕上がり
細かい泡が生え際や髪の内側まで広がり、ムラのない仕上がりを実現します。

26種類の天然成分が髪をやさしく潤します。
褐藻エキス/クレマティスエキス/スギナエキス/セイヨウキズタエキス/シモツケソウエキス/アルニカエキス/オドリコソウエキス/オランダカラシエキス/ゴボウエキス/マツエキス/ニンニクエキス/ローズマリーエキス/ローマカミツレエキス/オタネニンジンエキス/センブリエキス/オウゴンエキス/ジオウエキス/アロエベラ葉エキス/オトギリソウエキス/カミツレエキス/シナノキエキス/トウキンセンカエキス/ヤグルマギクエキス/サボンソウエキス/セージエキス/レモンエキス

ダークブラウン1色です。

使い方

  1. シャンプー後タオルドライして、軽く濡らした手の上に、容器を立てた状態で泡を出します。
  2. 白髪の部分を中心に髪全体にたっぷりと塗り、よくなじませ、5分~10分くらい放置します。
  3. その後よくすすぎ、洗い流します。好みにより、コンディショナーやトリートメントで仕上げます。

口コミ分析

クチコミ評価平均 (クチコミ数 50件の平均 2012年1月 時点)
3.7

染まり方
「レフィーネ」と比較すると、「泡のレフィーネ」のほうが染まりがよい、という意見が多いです。成分表示を見ても、レフィーネより染料の量が多いのではと思われますので、確かに染毛力は高めだと思います。

刺激
刺激はほとんどの方が「ない」と感じていますが、人によっては「刺激あり」と感じるかたもいるようなので、注意が必要です。

香り・匂い
香り・匂いははほとんどの方が「気にならない」と感じています。

トリートメント効果
仕上がりは髪がきしむ、という意見が多いです。トリートメント効果は期待できないと思います。

持続性
染毛力はクリームタイプの「レフィーネ」より強いと思われますが、持続性に関しては、特段すぐれているというわけではなく、通常のトリートメントタイプの白髪染めと同等です。

満足度
泡タイプなので、満遍なく簡単に塗れるところが高評価です。また、染まりもよいと感じている人が多く、その点でも満足度を高めています。

商品の総評

「泡タイプ」で使いやすく染毛力もそこそこある「泡のレフィーネ」ですが、「レフィーネ」より人気はありません。理由としては、「色数が少ない」(1色しかない)のと、価格がレフィーネと比較すると高い、という点が上げられます。
しかし「レフィーネ」と比較すると、ということであり、全体で見るとトリートメントタイプで泡タイプの白髪染めはあまりないことから、根強い人気があります。

特に大きな欠点も見当たらないことから、泡タイプがよい、という人には最有力候補になるでしょう。

やはり、クリームタイプだと、なかなか満遍なく塗るのは難しく、泡タイプであれば、1人でも無理なく塗れるので、魅力的ですよね。


「泡のレフィーネ」のお求め
泡タイプが魅力的な「泡のレフィーネ」はレフィーネ公式サイトと楽天市場で取り扱いがあります。以下、公式サイトと楽天市場で取り扱っている「泡のレフィーネ」です。価格はどちらも同じ、1本3,400円ですが、レフィーネ公式サイトでは無料会員登録ですぐに使える500円分のポイントがもらえるので、まだレフィーネ公式サイトを利用したことがない方は、レフィーネ公式サイトからの購入をオススメします。2度目以降ならばどちでもよいと思います。






他のレフィーネ商品
レフィーネ
レフィーネ・ソレイユ